for THE 63rd JINGU SHIKINEN SENGU in 2033

Amaterasu Omikami is the Japanese goddess of the sun. And every morning, she reappears as a new sunrise on the eastern horizon.
Based on the premise of forever new, the Shinto ceremony of Shikinen Sengu is conducted every twenty years as a literal symbol of
renewal wherein the buildings and structures of Jingu Shrine are rebuilt and rededicated to the never-ending spirit of the Japanese
people. The next Shikinen Sengu will be completed in 2033.
We hope the “2033” message grows to symbolise the never-ending opportunities we have to pause and reflect on the
rich history and traditions of our wonderful city.



______________________________


2033年 第六十四回神宮式年遷宮のために

天照大神は太陽の女神。 毎朝新しい太陽が東の空に生まれ来る。そんな常若思想をベースに、伊勢では20年に一度の式年遷宮が平成25年(2013年)に執り行われました。
こちらの 2033 ni maru san san とは次の遷宮の年、この次の20年をボクたちはしっかりと創造しようという気持ちをデザインにしました。伊勢人であり日本人である意思表示
みたいなもの 。結果を急がずに、何かを喚起するエネルギーやサインになれば幸いです。

伊勢を今までとは少し違った切り口でもってデザインし、プロダクツ化などとともに私たちの生活の中にも取り込もうなんて思いもあります。どうぞよろしくお願いします。

2016年1月   中谷 武司